デジタル化

その他

 鹿児島税務署が確定申告前に申告会場への入場整理券を配布、とネットで紹介されていました。ディズニーランドのファストパスみたいなものでしょうか。来場する納税者の利便性は向上しそうです。副署長はe-taxを利用するよう呼び掛けているようです。e-taxは新たに設立されるデジタル庁で更に促進されるでしょう。

 デジタルと言えば、最近までフランスとアメリカの間で課税問題が生じていました。この問題は、巨大IT企業を有するアメリカとヨーロッパの形を変えた戦争です。昔からOECDが国家間の課税問題に取り組んでいますが、国境を越えたサービスの課税は、国家の課税権の問題もあってか協調が進みません。

 デジタル経済の国際問題の取り組み、OECDやWTOが、アメリカと欧州と中国と日本をどう協調させるのか非常に興味深いです。アメリカも大統領が変われば政策が変わりますし、急変するデジタル社会に税法が追いつくのも大変そうです。税制改正・国際・ITと、税務を取り巻く環境変化のスピードが上がっているような気がします。今後の動きに注目していきたいです。

 参考:国税庁HP「BEPSプロジェクト 行動計画1:電子経済の課税上の課題への対処」

 参考:デジタル・プラットフォームと国際課税

コメント

タイトルとURLをコピーしました