相続税

相続税

株式の譲渡と納税資金対策

相続により取得した非上場株式をその発行会社に譲渡した場合の課税の特例は、高税率の総合課税を回避して所得区分を分離課税に変更することができるため、納税資金対策の一環として検討の余地がある特例です。
相続税

為替相場と財産評価

相続税や贈与税の申告上、海外資産は日本円に換算する必要があり、その方法は財産評価基本通達で定められています。
相続税

Spousal Gift Tax Exemption

There is no concept of marital property in Japan.Therefore, a tax exemption is available for the gifts of a house to a spouse without incurring tax if the house is valued at 20 million yen or less.
国際課税

Inheritance and Taxes

In Japan, inheritance tax is not levied on the estate of the decedent, but on the heirs who acquire the property.
国際課税

韓国の相続

韓国の相続税は、日本と異なった遺産課税方式という考え方に基づいて税金が課税されています。遺産課税方式とは、被相続人の相続財産に対して課税をする考え方です。課税対象が被相続人となるので、故人が無制限納税義務者なのか制限納税義務者なのかの判断が重要となります。
国際課税

米国居住相続人とFBAR

FBARとはReport of Foreign Bank and Financial Accountsの略称で、米国人市民や居住者は米国外に財産を$10,000以上所有している場合、Form 114 (FinCEN)を用いてFBARをIRSへ提出する必要があります。
国際課税

Retirement allowances subject to Japanese inheritance tax

Retirement allowances that should have been paid to the decedent and were received as a result of the decedent's death, but which were confirmed within three years of the decedent's death, are considered to be inherited property.
相続税

遺留分算定の基礎財産

遺留分算定の基礎となる財産には、第三者に対する生前贈与の価額が含まれるので、相続人の権利が同人に影響されるケースがリアルに存在します。