相続税

相続税

遺留分侵害額2

遺留分侵害請求権の性質は形成権であり、意思表示により遺留分侵害額に相当する金銭支払請求権が発生します。
国際課税

イギリスの相続制度

イギリスで相続が発生した場合、故人の財産は「Personal Representative(人格代表者)」に帰属し清算され、残余財産を遺言に基づき分配するのが一般的です。
相続税

相続税の納税義務者

故人から相続(遺贈)や相続時精算課税に係る贈与で財産を取得した人の課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額を超える場合には、その財産を取得した人は相続税の申告が必要です。
国際課税

包括承継主義と管理清算主義

包括承継主義とは被相続人の財産が包括的に相続人に移転することをいい、管理清算主義とは被相続人の権利義務を被相続人の人格代表者に一旦帰属させ、管理清算終了後に残余財産を相続人に分配することをいいます。
国際課税

ジョイント・テナンシー

ジョイント・テナンシーの権利の増加は対価を支払わないで利益を受けたことになるため、権利相当額については被相続人から贈与により取得したものとみなされます。
相続税

相続税調査と名義預金

相続税の調査を受けたときに税務当局と名義預金で見解の相違があったときは、過去の税務訴訟を参照し処分の理由を精査することも必要です。
相続税

換価分割と代償分割

換価分割とは遺産を売ってお金を相続人間で分配することで、代償分割とは遺産を相続した人が相続しなかった人に代わりに代償金を払う分割方法です。
相続税

遺言による法人への寄付

被相続人が遺言により法人に財産を寄付した場合には、法人には相続税が課税されるのではなく法人税が課税されます。寄付した財産によっては被相続人の譲渡所得の申告も必要で、遺留分を侵害した場合には請求権行使の対象にもなります。
国際課税

重国籍と相続税

日本では憲法第10条が「日本国民たる要件は、法律でこれを定める」とし、これを受けて国籍法が日本国民の要件を規定していますが、その国籍法は重国籍を防止し解消させるべきであるという理念を有しています。
国際課税

贈与税のかからない国

贈与税のない国は、香港、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、UAEなど世界中に数多く存在します。
タイトルとURLをコピーしました