相続税

相続税

配偶者居住権

相続税の効果的な節税対策は、早い時期から対策を講じることですが、それ以上に大切なことは、家族が円満で揉めない相続です。
相続税

遺留分侵害額

遺留分権利者及びその承継人は、受遺者又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができます。
国際課税

法的安定性と予測可能性

ルールに従って評価したのに適用法令を変更して処分するなら、もう少し分かり易くすることが納税者サービスの観点から必要です。
国際課税

インドネシアの不動産

インドネシアは、日本人が現地の不動産を法的に所有することはできません。所有権の取得はインドネシア国籍者に限られ、外国人は不動産を所有することが認められていないからです。
相続税

為替相場と財産評価

預金や不動産といったプラス財産は対顧客直物電信買相場(TTB)、借入金などのマイナス財産は対顧客直物電信売相場(TTS)レートにより換算します。
国際課税

ハワイの不動産評価3

ハワイの不動産の所有形態と名義は、相続税の申告上、不動産評価と持分に影響します。
国際課税

ハワイの不動産評価2

ハワイの不動産は複雑な権利関係の設定が可能なので、何が相続財産なのかをよく調べる必要があります。
国際課税

ハワイの不動産評価

コモンローの複雑な不動産所有形態の評価は、日本の民法や税法とは文化や背景が異なる分、新しい問題が生じる可能性があるかもしれません。