その他

国際課税

海外ファンドと税

海外ファンドの内容により所得税の所得区分が異なるため、個人投資家の方は税金の計算が複雑になるケースがあります。ファンドの課税関係をよく理解して海外資産の税務マネージメントを行うことが重要です。
相続税

遺留分侵害額2

遺留分侵害請求権の性質は形成権であり、意思表示により遺留分侵害額に相当する金銭支払請求権が発生します。
国際課税

国際化と住所の推定

「国内に居住することとなった個人が次の各号のいずれかに該当する場合には、その者は国内に住所を有する者と推定する」所得税法にはこのような個人の住所を推定する規定が存在します。
国際課税

在留資格と特別永住者

日本の国籍を有しない外国人の方は、特別永住者ないしは上陸許可または在留資格に基づいて日本で生活をしています。
相続税

非居住者の納税地

非居住者の所得税法上の納税地は麹町税務署が最後に納税地の役割を担う条文規定となっていますが、相続税法には所得税法のような規定がないので納税者が納税地を定める必要があります。
国際課税

非居住者の退職金と確定申告

日本法人等から退職金の支払いを受けた際に支給額の20.42%を源泉徴収された方は、非居住者として確定申告することで税金の還付を受けられることがあります。
国際課税

新規口座開設とFATCA(ファトカ)

ファトカとは外国口座税務コンプライアンス法(Foreign Account Tax Compliance Act)のことで、米国人(あえて定義省略)が海外で脱税しないように、米国国税庁が米国以外の銀行に口座の情報提供を義務付けた制度です。
その他

キャリード・インタレスト

ファンドマネージャーが受け取る組合事業からの出資割合を超えたキャリード・インタレストは、役務提供の対価ではなく構成員課税の対象とした利益の分配となります。
国際課税

国外送金等のお尋ね

税務署から「国外送金等のお尋ね」という文書を受け取る人がいるかもしれませんが、個人の海外資産に関係が深い「国外送金等のお尋ね」には回答するのが無難です。最近では海外資産に対する税務当局の目が大変厳しくなっているので、問題点が残れば税務調査に発展する可能性があります。
国際課税

分配時調整外国税相当額控除

分配時調整外国税相当額控除とは、海外で運用した投資信託等の収益の分配に際し、二重課税が生じないよう調整する制度です。
タイトルとURLをコピーしました