税法上の出国

国際課税

 ソフトバンクのデスパイネ選手がキューバから来日し、2週間の自宅待機を経てチームに合流するそうです。キューバ出国時のPCR検査は陰性であったそうで、海外の人の往来にも、コロナウィルスは大きな影響を与えています。

 ところで出国という言葉ですが、税の世界では所得税法で次のように定めています。

 居住者については、納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなることをいい、非居住者については、納税管理人の届出をしないで国内に居所を有しないこととなることをいう。(所2条42抜粋)

 実際には人が海外に出国するのですから、納税管理人の届出をすれば出国していないというのは違和感がありますが、税法がこのルールを定めているのは、申告期限と納期限の問題に関わるからです。

 納税管理人の届出の有無は、申告書の提出期限と納期限を定めるので、国際税務での出国は重要な意味を持つことになります。

 参考:海外からの申告と納税管理人

コメント

  1. […] 参考:税法上の出国 […]

  2. […]  参考:税法上の出国 […]

タイトルとURLをコピーしました