国際課税

国際課税

Inheritance and Taxes

In Japan, inheritance tax is not levied on the estate of the decedent, but on the heirs who acquire the property.
国際課税

韓国の相続

韓国の相続税は、日本と異なった遺産課税方式という考え方に基づいて税金が課税されています。遺産課税方式とは、被相続人の相続財産に対して課税をする考え方です。課税対象が被相続人となるので、故人が無制限納税義務者なのか制限納税義務者なのかの判断が重要となります。
国際課税

米国居住相続人とFBAR

FBARとはReport of Foreign Bank and Financial Accountsの略称で、米国人市民や居住者は米国外に財産を$10,000以上所有している場合、Form 114 (FinCEN)を用いてFBARをIRSへ提出する必要があります。
国際課税

Retirement allowances subject to Japanese inheritance tax

Retirement allowances that should have been paid to the decedent and were received as a result of the decedent's death, but which were confirmed within three years of the decedent's death, are considered to be inherited property.
国際課税

米国出国税の取得費時価計上

米国内国歳入法では、永住権を放棄して米国出国税の対象となったとき、資産のキャピタルゲインについて課税関係が発生します。これは、日本の国外転出時課税の特例と同じ法令の規定なので、その株を日本で譲渡した場合、米国出国税時価額が取得費になると考えられます。
国際課税

CRSと税務調査

CRSとは共通報告基準「Common Reporting Standard」の略称で、非居住者の口座情報を税務当局間で自動的に交換するための国際基準です。
国際課税

フランスの夫婦間の相続

フランスでは夫婦の財産が、夫の固有の財産、妻の固有の財産、結婚後に形成した財産に大別されます。相続では公証人の役割が大きく、遺産の名義変更や税務当局に対する相続税の申告にも関与します。
国際課税

海外ファンドと税

海外ファンドの内容により所得税の所得区分が異なるため、個人投資家の方は税金の計算が複雑になるケースがあります。ファンドの課税関係をよく理解して海外資産の税務マネージメントを行うことが重要です。