国際課税

国際課税

米国出国税の取得費時価計上

米国内国歳入法では、永住権を放棄して米国出国税の対象となったとき、資産のキャピタルゲインについて課税関係が発生します。これは、日本の国外転出時課税の特例と同じ法令の規定なので、その株を日本で譲渡した場合、米国出国税時価額が取得費になると考えられます。
国際課税

CRSと税務調査

CRSとは共通報告基準「Common Reporting Standard」の略称で、非居住者の口座情報を税務当局間で自動的に交換するための国際基準です。
国際課税

フランスの夫婦間の相続

フランスでは夫婦の財産が、夫の固有の財産、妻の固有の財産、結婚後に形成した財産に大別されます。相続では公証人の役割が大きく、遺産の名義変更や税務当局に対する相続税の申告にも関与します。
国際課税

海外ファンドと税

海外ファンドの内容により所得税の所得区分が異なるため、個人投資家の方は税金の計算が複雑になるケースがあります。ファンドの課税関係をよく理解して海外資産の税務マネージメントを行うことが重要です。
国際課税

イギリスの相続制度

イギリスで相続が発生した場合、故人の財産は「Personal Representative(人格代表者)」に帰属し清算され、残余財産を遺言に基づき分配するのが一般的です。
国際課税

包括承継主義と管理清算主義

包括承継主義とは被相続人の財産が包括的に相続人に移転することをいい、管理清算主義とは被相続人の権利義務を被相続人の人格代表者に一旦帰属させ、管理清算終了後に残余財産を相続人に分配することをいいます。
国際課税

ジョイント・テナンシー

ジョイント・テナンシーの権利の増加は対価を支払わないで利益を受けたことになるため、権利相当額については被相続人から贈与により取得したものとみなされます。
国際課税

重国籍と相続税

日本では憲法第10条が「日本国民たる要件は、法律でこれを定める」とし、これを受けて国籍法が日本国民の要件を規定していますが、その国籍法は重国籍を防止し解消させるべきであるという理念を有しています。
国際課税

贈与税のかからない国

贈与税のない国は、香港、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、UAEなど世界中に数多く存在します。
国際課税

コーポレートインバージョン税制

コーポレートインバージョン税制は、組織再編を利用した租税回避を防ぐための税法で、租税特別措置法の所得税法及び法人税法の特例として規定されています。
タイトルとURLをコピーしました