国際課税

海外財産の取得時期と贈与税

国際間での贈与税問題は各国の法律制度を含めた総合的な判断が重要となります。
相続税

法人版事業承継税制

非上場株式の相続税の節税対策には信託等を利用した複雑なスキームもありますが、国が事業承継を後押ししているので、事業承継税制の制度を生かして適正に申告してくことが、事業経営者の資産家の方には最も安全な節税方法だと考えます。
国際課税

国外送金等のお尋ねと贈与税

日本にある親の口座から海外に住む子供の口座に国外送金したら日本の贈与税が課税されるのかはケースバイケースです。国外送金等から生じる課税関係は、送金の事実のみならず総合的な判断が必要ですので、専門家に相談するのが懸命です。
国際課税

国際化と住所の推定

「国内に居住することとなった個人が次の各号のいずれかに該当する場合には、その者は国内に住所を有する者と推定する」所得税法にはこのような個人の住所を推定する規定が存在します。
相続税

相続税のかからない国

相続税のない国は、香港、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、UAEなど世界中に数多く存在します。
国際課税

在留資格と特別永住者

日本の国籍を有しない外国人の方は、特別永住者ないしは上陸許可または在留資格に基づいて日本で生活をしています。
国際課税

ドミサイルと米国市民権&永住権

ドミサイルとは、米国連邦税法上、本人が定住すると考えている居住地のことをいいます。ちなみに、日本居住者(米国非居住者)がアメリカ国内の有形資産を贈与した場合には、米国連邦贈与税法上の納税義務者となります。
相続税

非居住者の納税地

非居住者の所得税法上の納税地は麹町税務署が最後に納税地の役割を担う条文規定となっていますが、相続税法には所得税法のような規定がないので納税者が納税地を定める必要があります。
国際課税

非居住者の退職金と確定申告

日本法人等から退職金の支払いを受けた際に支給額の20.42%を源泉徴収された方は、非居住者として確定申告することで税金の還付を受けられることがあります。
相続税

相続税の相続人

日本では相続人の範囲と順位を民法で定めています。この範囲と順位は国によって異なるので、国際相続の世界では準拠法がとても重要となります。
タイトルとURLをコピーしました